日本が生んだシューズの最高傑作

地下足袋

地下足袋。
じかたび。

これが日本が生んだ、最高のシューズだと僕は考えます。

いつからでしょうか、スポーツメーカーは競い合うようにシューズのかかとのクッションを分厚くしていきましたね。
背が高く見えるし、確かにかっこいいです。
しかし、現代人はソールにクッションの効いたシューズに頼りすぎました。
スクイーズでは地下足袋×トレッドミルで有酸素運動をしていただきます。

今まで「衝撃吸収」の名のもとに、ハイスペックなシューズのソールに使われるEVAのクッションに奪われていた、私たち人間が地球の重力と戦うときに一番初めに使われる「足の裏」の感触を取り戻した時、歪んだ骨格のアライメントは一歩前進します。

・・・。
なにゆーとんねん。
なんの話やねん。
と思われたことでしょう。

ご興味のある方はお電話を。
072-396-8550

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です