介護の現状と加圧トレーニング®

日本では現在、高齢者(65才以上)の人口3千万人を超え、割合にして4人に1人が高齢者という高齢化社会となっています。
20年後には高齢者の割合が33%になると予測され、3人に1人が高齢者となるとも言われています。

SQUEEZEのお客様の中には介護福祉士やその他介護のお仕事についておられる方も多く、必然的に介護の現状について考えさせられることが多いです。

お客様から色々な話を聞いたり、ニュースで見たりする介護に関する様々な問題を、僕がどうこう言える程の知識は持ち合わせていませんので、それについては何も言えません。
ただ一つだけ言えることは、僕も含めて今は思うように体が動かせる人も、10年後20年後、あるいは30年後に介護される側にならないように努力することが、そもそもの介護問題の解決の近道なのだということです。

日本が直面する高齢化社会が抱える様々な問題に対して、加圧トレーニング®が問題解決の一助となるように、日々勉強していきたいと思います。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です