加圧トレーニング® Body Conditioning SQUEEZE

大阪・枚方で加圧トレーニングするなら、SQUEEZE(スクイーズ)

体脂肪率の変動に一喜一憂しないこと

time 2015/10/05

最近、体組成計を買い換えました。
以前使っていたものが、他の体組成計よりも体重が1kg弱重く測定されるようだったので買い換えました。

体組成計のメーカーによれば、一日の中でも体脂肪率で5%程度の変動はあるということ。

大事なのは同じ条件で毎日測り、長期的な記録をとるということ。
生体電気インピーダンス法で測る体組成計には、特に最適な計測条件があるそうです。

最も理想的なのは、朝起きてから朝食をとり、2時間経過後のトイレを済ませた後だそうで、しかも運動や入浴から2時間経過した状態。そんな状態が最も体水分の変動や分布の影響を受けにくく、安定するのだそうです。

夜は水分が下に貯まりやすいので不安定になるとか。
以下、正確な計測のポイントについての、タニタのウェブサイトからの抜粋です。

1.食後2時間を経過していること
2.計測前に排尿、排便を済ませる
3.運動直後の計測は避ける
4.脱水やむくみのある場合の計測は避ける
5.気温低下時や低体温時での計測は避ける
6.発熱時の計測は避ける
7.原則として入浴直後の計測は避ける

特に体脂肪率に関して言えば、数字はモチベーションを上げるため目安と考えたほうがよさそうです。

down

コメントする




嫁日記

自重トレーニング