忘年会シーズン到来。太らないために押さえたい5つのポイント。

忘年会は試合。

ついに2015年も残すところあと1か月を切りました。
「今日忘年会なんでキャンセルお願いします。」の連絡は、極力避けていただきたいものです。
ダイエット中のお客様にとって、この忘年会シーズンとお正月をいかに乗り切るか、ここが正念場になってきました。サッカーで言えば同点で迎えた後半40分過ぎの緊迫した状況。【絶対に負けられない戦いが、そこにはある】といったところです。

試合に勝つには、入念な準備、規律と、負けないという強いハートが必要です。

ああ、昨日は食べ過ぎてしまった。
覆水盆に返らず。
後悔先に立たず。
ズボンのベルトの穴が、ひとつずれてしまってからでは遅いのです。
まずは忘年会シーズンに入る前に、太らないために守りたい、次の5つのポイントを押さえておきましょう。

1.異性のいない飲み会は断る。

男ばっかりの忘年会。
うっとうしいですね。
ガンガン飲むんでしょうね。
わけわからんこと繰り返しながら泣いてる奴とか、いるんでしょうね。

女ばっかりの忘年会。
めちゃめちゃ食べるんでしょうね。
なんせ女子会ですもんね。
さんざん食ってから、やっぱ別腹だよねーとか言いながら抹茶アイスとか食べて、そのあとスタバ言ってなんちゃらふらぺちーのとか飲みながらお喋りするんでしょうね。

そういうのは断りましょう。
異性がいる席だけ参加して、終始気取って飲みましょう。
親善試合が泥仕合になるような相手は避けるべき。
そうすれば摂取カロリーは抑えられます。

2.帳尻合わせは前もってする。

忘年会で食べ過ぎたから、明日から頑張ろう。
これはだめです。
準備ができていません。
負けてから試合後のインタビューで、「ここらへんを修正して次に臨みたいと思います」とか毎回同じようなコメントをしてる選手のようなものです。
飲み会の日のランチあるいは朝食から帳尻を合わせていきましょう。

3.試合中は飲みすぎない。

いわずもがな。
これは基本中の基本です。
しかし、わかっちゃいるけどどうせ守れないでしょう。
忘年会にドーピングはありませんので、念のため、ウコンの力も借りておきましょう。

4.試合中は揚げ物を避ける。

できるだけ年中避けていただきたいですが、特に飲む席ではカラッと揚がった誘惑には負けないようにしてください。
敵のクロスボールは跳ね返してください。これは戦いです。
なんなら冷奴と枝豆で十分です。
腹が減ったらその分喋りましょう。
試合を楽しんでください。

5.基本的に、しめない。

鍋の〆の麺類、雑炊。
飲み会の〆のうどん、ラーメン。
すべて蓄積される炭水化物です。
体脂肪率が上がって、次の代表に呼ばれなくなる可能性もあります。
次の試合に向けてコンディションを整えるなら、〆は必要ありません。

以上の5つのポイントを押さえておけば、きっと忘年会シーズンは乗り切れると思います。
絶対に負けられない戦いが、そこにはあるんです!
頑張りましょう!

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です